参議院選挙!まだ間に合う!若者よ、選挙に行こう。

f:id:mio_log:20190721165644j:plain

 

こんにちは、miomio (@miolog_) )です。

 

本日は参議院選挙の投票日です。

 

「若者も選挙に行こう!」

もう聞き飽きたよ〜という方も多いでしょう。 

そんなことをテレビで特集を組んで言ったところで、行く気になる若者なんて正直10人もいないでしょう。

 

わたしは25歳なので、ギリギリ若者です(笑)

だからこそ伝えられることがあるのではないか!と、投票終わりに思い立って今記事を書いています。

 

「選挙のことなんて何もわからない」

良いんです、とりあえず選挙に行きましょう。

 

 

 

ぜ若者は選挙に行かない?

 

わたしも2年前くらいは「選挙に行こう」なんて、思ったことありませんでした。

 

若者が選挙に行かない理由

  • めんどくせぇ
  • 選挙なんて興味ねぇ
  • 政策?難しくて分からん
  • 誰がなっても一緒じゃん
  • 友達と遊ぶ方が楽しい

 

わたしも思ってました。

 

選挙の日ってうちじゃ何故か投票行って外食するんだ〜♪いや、こんなのありえねぇだろ!と思ってました。

 

政治家のいうことは難しくて退屈だし、友達と遊んでる方が楽しいから投票なんて時間の無駄!めんどくせぇ!って人が多いでしょう。 

 

めっちゃ分かるよ!その気持ち!

実際わたしは今でもそうです! 

 

あれ?今でもそう?

ならわたしは何故、まだ間に合う!選挙に行こう!など言っていると思いますか?

 

 

者が選挙に行くべき理由

 

「めんどくさい」

「興味がない」

「難しくて分からない」

 

そのままで構いません。

 

「どれにしようかな♪神様のいう通り〜♪」でも、パッと目についた名前でも、知り合いの名前に似ているからでも、なんでもいいんです。

 

とりあえず、投票することに意味があるんです。

 

政治家に媚を売らせよう

 

ありえないと思うでしょう?

政治家が、我々若者に媚を売るなんて。

 

それがね、選挙のことなんて何も知らない、興味がない若者が選挙に行くことによってあり得るんですよ。

 

分かりやすく、AKB選抜総選挙を例にあげましょう。

 

AKB選抜総選挙とは、AKB48のシングルの選抜メンバーをファン投票によって決定するイベントである。

引用:AKB48選抜総選挙 - Wikipedia

 

「推しメンを選抜に入れたい!」 

「推しメンを1位にしたい!」

 と、ファンの方がCDを大量に購入し投票券を得たり、ネットから投票したりする、既にファンの方に向けたファンのためのイベントです。

 

AKBのメンバーは、選挙に向けて選挙ポスターを作成したり、公約を発表したります。

 

ファンに向けたイベントだけあって、「ファンの方とバスツアー」「ファンの方と餅つき大会」「16時間SHOWROOM配信」など、既にその子を推しているファンの方が得をする公約がほとんどです。

 

「わたしに投票してくれたら、わたしとこんなことができるよ!」 など、まぁ言い方は悪いですが投票してもらうために媚を売っているわけです。(叩かれろ)

 

これが選挙になると、どうなるのでしょうか。

 

若者が適当に選んだ票が多く増えることで、既にその政党を支持していた人たち(応援していた人たち)に向けて媚を売った現在の政策では、当選することが難しくなってきます。 

 

なんせ「神様の言う通り〜♪」で投票した若者の表は、かなりバラつきがあるから、政治家たちは「今までなら当選できていたのに!」と困惑するよね!

 

既にその政党を支持していた人たちとは、投票率の高い高齢者の方々ですね。

なので現在の政策は、高齢者の方が得をするような内容がほとんどなのです。

 

これが若者が投票に行くようになることで、

「このままではダメだ!」

高齢者より若者が得をするような政策を出さないと、当選できないぞ!」

と、政治家は若者が得をする政策をどんどん考えるようになります。

 

こうして政治家たちがどんどん若者に媚を売る政策を発表することで、我々若者が豊かに暮らせる日本が訪れるわけです。

 

者の投票率を上げようとする

 

若者に媚を売った政策が増えたら、次に政治家がすることは「若者の投票率を上げる努力」です。

 

現在は投票率の高い高齢者が投票しやすいように、投票所での紙での投票が一般的ですが、これがアプリなどでの投票に変わるかもしれないのです。

 

我々若者は、スマートフォンに触れている機会がかなり多いので、若者の投票率を上げるためにはスマートフォンから投票できるようにしよう!と、若者に媚を売った政策を発表している政治家たちは一生懸命になります。

 

 そうすることで我々若者は、さらに手軽に選挙に参加できるようになり、どんどんどんどん若者が得をする政策を発表する政治家が増えていくのです。

 

 

りあえず選挙に行こう!

 

いかがでしたか?

結局選挙に行かない若者は、自分たちで自分たちの首を絞めていると言うことなんです。

 

政策が分からない?

どうでもいいんです。

興味がない?

そのままでいいんです。

 

とりあえず選挙に行きましょう!

 

友達と遊んでるなら、友達と一緒に行けばいいんです。

投票なんてせいぜい30分もあればできますから。

 

本日は参議院選挙の投票日です。

 

午後8時まで投票可能です。

せっかくの権利です、ぜひ選挙に参加してみましょう。

 

 

以上、miomio (@miolog_) )でした。